教えてくれたのはこの人

ぱぴ子さん
1児の母。子供の父親とは法律婚せず、「パートナー」という形で関係を続けている。過去、法律婚だけでなく事実婚も検討した経験あり。

事実婚を視野に入れているけど、「手続きの方法がいまいちわからない……」という方は多いのではないでしょうか。

 

インターネットで検索しても、情報が散乱していて情報収集に時間がかかったり、正しく理解するのが大変だったりしますよね。

 

全3回にわたり、事実婚の実態について伺う今回の企画。法律婚を選択せずにパートナーとの関係性を保っているぱぴ子さんに、事実婚で必要な手続きや、事実婚をするときに話し合うポイントを伺いました!

第1回:事実婚って実際どうなの?経験者が感じたメリット・デメリットをご紹介!
第2回:事実婚で子供ができたらどうする?必要な手続きは?事実婚夫婦に疑問をぶつけてみた!
第3回:事実婚の手続きに必要な3ステップとは?具体的な証明書もご紹介!(←今回はここ)

事実婚で最低限必要なステップはたったの2つ!

実は、事実婚で必ず必要な手続きはありません。ただ、法律婚と同じようなサービスを受けるためには夫婦関係を証明しなければいけないときがあります。

 

そんなときのために、事実婚で最低限やっておいた方がいい手続きをご紹介します!

住民票を提出する

住民票には家族構成や居住関係が記載されているので、事実婚における夫婦関係を証明できる公的な書類となり得ます。

 

今後同棲を始める方は、世帯変更届または住民異動届を市区町村の役所に提出し、2人の世帯を合併してどちらか一方を世帯主としましょう。

 

事実婚カップルの場合、住民票の続柄の記載は夫が世帯主であれば「夫(世帯主)」と「妻(未届)」、妻が世帯主であれば「妻(世帯主)」と「夫(未届)」となります。

 

ぱぴ子
ぱぴ子

住民票の手続きをしていれば、住民票を見て同居しているとわかり、「結婚している状況である」という証明になりやすいので、手続きしておくことをおすすめします!

事実婚契約書を作成する

パートナーとの間の具体的な権利や義務、約束事などを確認するために、事実婚契約書というものがあります。

 

2人の間に何かしらのトラブルが発生したときに、事実婚契約書が守ってくれるかもしれません。記入する内容には以下のような項目があります。

 

  • 同居、協力、扶助の義務
  • 婚姻費用の分担
  • 日常家事債務に関する連帯責任
  • 財産の帰属
  • 貞操義務 など

 

ぱぴ子
ぱぴ子

例えば、手術などで配偶者の許可を得る場合や、夫婦で住宅ローンをくむ場合、パートナーを保険の受取人にする場合など、婚姻関係がないと認められにくいときに、事実婚契約書があると手続きがスムーズになります!

これから事実婚の手続きを行う人へ伝える3つの注意点

契約書類の名義は必ず確認する

生命保険金の受取人や住宅ローン契約、賃貸住宅契約などの名義が、一方だけになっていないかを必ず確認しましょう。

 

ぱぴ子さんのお話にもある通り、生命保険の受取人になる場合や、住宅ローン契約をする場合は夫婦であることを証明する書類が必要になる可能性が高いです。そのため、住民票や事実婚契約書は作っておくことが得策です。

結婚式場や披露宴挙行の証明書は保管する

結婚式や披露宴挙行の証明書は、2人が互いに婚姻の意志を持っていることの有力な証拠になり得ます。

 

何かしらの契約で、夫婦関係の証明が必要な際に使えるかもしれません。過去、結婚式や披露宴を挙行した方は、証明書を大切に保管しておきましょう。

相続対策は早めにしておく

相続権が認められるのは、法律婚をした夫婦のみなので、事実婚パートナーには相続権は認められていません。

 

もしパートナーに財産を渡したい場合は、生前に贈与しておくか、遺言書を作成しておく必要があります。その準備を忘れてしまうと、パートナーに財産を一銭も相続することができなくなるかもしれないのでお気を付けください。

 

ぱぴ子
ぱぴ子

子供がいる事実婚夫婦の場合、パートナーには相続権がないですが、子供を認知していれば子供には相続権があるのでご安心ください!

事実婚を選択したときに話し合う3つのポイント

事実婚する前や、事実婚後すぐに決めておかないと後々もめる可能性があるものについて、ぱぴ子さんに詳しくお話をお伺いしました!

お金について

事実婚とはいえ夫婦関係ではあるので、家計を共にする部分としない部分を決めておく必要があります。

 

ぱぴ子
ぱぴ子

私たち夫婦は子供がいるので、子供にかかるお金は共同にしています。子供用の口座を作って、お互いに毎月同額を入金しているんです。保育園にかかる費用などはそこから出してますね。それに対して、それぞれの趣味や生活のお金は基本的に自由なので、お互いが趣味や生活にどれくらいお金を使ってるかはわかりません。

 

もりはる
もりはる

お子さんにかかる費用は家計簿などでまとめているんですか?

 

ぱぴ子
ぱぴ子

いえ!私たちはスプレッドシートで管理しています。今月使った金額や残った金額、来月必要な金額を項目ごとでまとめてるんです。使うお金に関して2人の意見が割れたときは、主張した方がお金を出します。面倒かもしれませんが、お金の負担がどちらかに寄ってもめるとより面倒なので、こまめに記帳しておくことをおすすめします!

居住地について

事実婚は、居住関係を共にしている必要があるので、居住地に関してお互いに話し合っておいた方が良いです。

 

ぱぴ子
ぱぴ子

私は、物理的理由と心理的理由から、パートナーと一緒に住むという選択をしませんでした。一緒に住むことや、住む場所については、ぜひパートナーとじっくり話し合ってください!

 

ぱぴ子さんの物理的理由

  • お互いの職場が遠く、居住をどちらかに合わせると職場に通うのが大変になる
  • 今住んでいる家を気に入っている
  • 実家暮らしなので、ご両親がいて子育てが楽

 

ぱぴ子さんの心理的理由

  • 人と一緒に過ごすことが得意ではなく、疲れてしまう

子供の戸籍について

子供の戸籍について話し合っておかないと、子供が生まれてから意見が割れたときに面倒なことになるかもしれません。

 

ぱぴ子
ぱぴ子

私たち夫婦も、子供の戸籍をどちらにするかや、親への説明の仕方について事前にしっかり話し合いましたね。事実婚とはいえ、子供ができると両親にとっては自分の孫になるので、お互いにちゃんとご挨拶・説明をしました。

万が一に備えて、抜け漏れなく準備しましょう

事実婚を証明するために有効な書類や手続きはいくつかあります。その中でも最低限押さえておきたい書類や手続きは、「住民票の提出」と「事実婚契約書の作成」の2つです。

 

いろんな場合に備えて複数の書類を備えておくことで、安心して生活が送れるようにしましょう。

 

ぱぴ子
ぱぴ子

手続き関連や今後について夫婦間で話し合いをするときは、お互いの希望をもとにスプレッドシートやアプリなどのツールを使うことをおすすめします。私たち夫婦は、私とパートナーそれぞれの考えを書き出したうえで、ZOOMで打ち合わせをしたり、資料を作ってイメージを共有したりしました。

ぱぴ子
ぱぴ子

言った言わない問題になると面倒なので、ぜひご夫婦でしっかり話し合ってくださいね!