「婚約したことを正式に宣言し、確認し合う儀式」として古くから取り入れられている結納。結婚をするときには、結納をするのかしないのか考えなくてはいけません。

 

そして結納とセットで覚えておきたいのが「結納返し」。とはいえ、結納返しのルールやマナーを知らない人は意外と多いのではないでしょうか。

 

本記事では、結納返しの基本をおさらい。地域によって差があるので、自分の地域や相手の地域がどこに当てはまるのかを考えながら読み進めてくださいね。

 

そもそも、結納返しとは?

結納返しとは

結納返しとは「女性の家から男性の家へのお返し」という意味を持っています。

 

正式な結納と略式結納とがある!

 

結納は、正式結納略式結納の二つに分けられ、地域や家のしきたりによってどちらで行なうのかが異なります。

 

正式結納は、その名の通りもっとも格式高い結納のやり方を指します。仲人を立ててお互いの家を行き来してもらい、「結納品」や「受書」のやり取りをします。仲人が仲立ちをするため、両家が会わずに進めることが大きな特徴です。

 

略式結納は、両家が決められた場所に集まって「結納品」「受書」のやり取りをする方法。正式結納よりも決まりが少なく、仲人を立てるか立てないかも両家で決められます。仲人を立てない場合は、進行役は新郎の父が行なうことが一般的です。

 

最近は正式結納を行なうカップルは少ないといわれており、略式で行なったり、結納ではなく両家顔合わせの食事会で済ませる人が増加しています。

 

また、結納はホテルや料亭だけではなく女性側の家で行なわれることも特徴のひとつです。

 

結納の際で男性側から女性側へと渡される「結納金」に対して、半額程度を「結納返し」として女性側から男性側へとお返しするのがしきたりです。

 

地域によって違いも

 

関東式の結納では、結納金の半分ほどを結納返しとして返すことが多いといわれています。このことを「半返し」とも呼んでいます。

 

一方、関西式と呼ばれるの関西地方から西を中心とした地域では、結納金の「1割程度」か「お返しなし」が一般的。基本的に男性側の家族の方を上と考えているため、お返しは控えめなのが特徴です。

 

【地域別】結納返しに必要な品物

結納返しに必要な品物

続いて、結納返しに必要な品物をご紹介します。地域によって異なるため、今回は関東式と関西式をどちらもお伝えします。

 

関東式の場合の結納返し

 

まずは関東式の結納返しの品から紹介します。

 

目録

 

結納返し品の内容詳細を毛筆で列挙した書面のことを指します。

 

長熨斗/熨斗(のし)

 

干した鮑を、長く伸ばしたもののことです。熨斗鮑(のしあわび)は高級で長寿の象徴とされ、また贈り物につける「のし」の意味も持っています。縁起物としておめでた言葉で結納品目録に書かれています。

 

御袴料(おんはかまりょう)

 

結納金の「御帯料(小袖料)」に対して、男性側に贈るもの。

 

洋服代に当たり、関東式では半額を包む「半返し」が伝統的ですが、最近は1割程度が主流です。目録や御袴料の中包みに「スーツ一着」などと書いて、現物は後日贈る方法もあります。

 

勝男武士(かつおぶし)

 

武士が出陣する際に、武運を祈って贈られていたことから、男性らしさの象徴としてかつおの背節と腹節を対にして贈られます。結納金の5%程度を包んだ金封を用意し、梅飾りをつけるのが一般的です。

 

寿留女(するめ)

 

女性の久しい幸せを願って縁起物としておめでた言葉で結納品目録に書かれています。

 

子生婦(こんぶ)

 

噛めば噛むほど味が出る夫婦となり「子孫繁栄」を願った縁起物としておめでた言葉の当て字で結納品目録に書かれるものです。

 

友白髪/友志良賀(ともしらが)

 

白い麻布で「共に白髪になるまで長く添い遂げよう」という意味を込めた縁起物です。おめでた言葉で結納品目録に書かれるものです。

 

末広/寿恵廣(すえひろ)

 

白い扇子を1対(2本)にしたものを指します。扇子には福を招き、「末広がりに幸せに」という意味が込められています。

 

また、白い扇子は「純潔」「潔白」という意味を持っており、縁起物としておめでた言葉で結納品目録に書かれているのが特徴。

 

家内喜多留(やなぎたる)

 

昔は結納の際、樽酒でもてなしたことから、転じて現代では酒代としての金品を指し、関東では酒料と肴料(食事料)の両方の意味が含まれています

 

結納金の1割程度を用意することが多いですが、先方の結納金がいくらかわからない場合は、平均的な金額(3万円程度)を包むようにするのが基本です。

 

関西式の場合の結納返し

 

関西以西では、男性側(迎える側)の家格が上であるという前提で、お返しする女性側(嫁ぐ側)は控えめであることが求められます。そのため、関東式と比べて品数がグッと少ないことが特徴です。

 

目録

 

結納返し品の内容詳細を毛筆で列挙した書面のことを指します。

 

熨斗

 

関西では鶴飾りをつけるのが一般的です。

 

末広(すえひろ)

 

関西では亀飾りをつけるのが一般的です。

 

御袴料(おんはかまりょう)

 

関西では小袖料の1割を現金または品物で返します。松飾りをつけるのが一般的です。

 

肴料(さかなりょう)

 

食事料のことを指します。関西では竹飾りをつけるのが一般的です。

 

酒料

 

酒代のことを指します。関西では梅飾りをつけるのが一般的です。

 

略式の場合

 

略式結納の場合は、伝統的な形式を残しつつ最低限にするのが基本です。以下の3品目で済ませることが多いといえます。

 

  • 熨斗
  • 末広(すえひろ)
  • 御袴料(おんはかまりょう)

 

結納返しにおける知っておきたい2つのマナー

結納返しのマナー

続いては、結納返しをするときに押さえておきたいマナーをご紹介します。

 

1. 金額について

 

まずは金額についてです。

 

金額は一概にいくらとはいえず、地域差も大きいところなので自分や相手の地域を確認する必要があります。さらに、結納金に比例して「結納返し」の金額も変わるので、相手からの結納金の確認は必須です。

 

後日結納返しをする場合は問題ありませんが、結納と同時に結納返しを渡す場合は、事前に結納金の金額を確認しなければなりません。両家が遠方の場合は当日に一緒に結納と結納返しをすることになるので、しっかりと確認しておきましょう。

 

また、お祝いごとのため「4」や「9」の忌み数字は使用しないように注意します

 

2. 贈るタイミングについて

 

本来は、結納の後日に改めて新郎となる男性の家へ結納返しを持参するのが正式なタイミングです。とはいえ、両家が遠方だとむずかしいですよね。そのため、「結納と同時に結納返しも済ませる」ことが増えています

 

実家同士が近く会いやすい関係性であれば、本来のタイミングを守るのが一番ですが、結納と一緒に結納返しを済ませても失礼にはあたりません。

 

結納返しをせず、結婚記念品を贈って済ませるケースが増加

結婚記念品

しかし最近では、結納返しをせずに結婚記念品のみを贈って済ませるケースが増えています。結婚記念品として多く贈られているのが、時計やスーツの仕立て券。結納金のおよそ半額程度の贈り物を選んでお返ししているカップルが増加しているのが現状です。

 

マナーを押さえて結納返しを行なおう

マナーを押さえて結納返しを行おう

結納や結納返しには長い歴史があるため、さまざまなマナーが存在します。結納を行なう際には失礼のないように、基本的なマナーは頭に入れておくことをおすすめします。

 

結婚への区切りとなる結納・結納返し。日本の伝統的な儀式を体験することで、自分たちにとっても両家にとっていい時間を過ごせることでしょう。