草津温泉・有馬温泉と並んで、日本三名泉に選ばれている「下呂温泉」。「美人の湯」として親しまれる下呂温泉は、なめらかでツルツルとした肌ざわりになれると評判。

 

そんな下呂温泉に建てられた「湯之島館」は、昭和4年に創業された老舗旅館です。源泉掛け流しで、下呂温泉本来の泉質をたっぷりと堪能できます。

 

昭和にタイムスリップしたような気分を味わえる館内は、フォトジェニックな空間。お気に入りの色浴衣を着て、思い出に残るワンショットを撮影するべし。実際に女子旅をしてきたので、レポートしていきますね。

 

今度の週末は、下呂温泉「湯之島館」で美肌になるための女子旅をしませんか?

 

名古屋から1時間半ほど!「湯之島館」までのアクセス

名古屋駅から「ワイドビューひだ」に乗って1時間半ほどの場所にある、下呂温泉。

 

(提供写真)

「湯之島館」までは、下呂駅から無料シャトルバスが出ています。バスに乗って5分ほどで、レトロな雰囲気が漂う旅館に到着しました。

 

創業88年という長い歴史をもつ老舗旅館「湯之島館」。国の登録有形文化財にも指定されている、長い伝統を持つ旅館です。

 

昭和モダンな空間が広がる「湯之島館」

本館に入ると、昭和モダンな空間が広がっています。入り口隣にあるロビーの中央には、本格的な囲炉裏が。北山丸太の柱や、竹のなげし(柱と柱の間をつなぐ部分)など、職人のこだわりが感じられます。

 

ロビーには、女性用の色浴衣が並んでいます。心くすぐられる、色とりどりの儚い色の浴衣がたくさん。「このピンクの色合いすてき〜」「カラフルな花柄がかわいい」などと悩みながら、お気に入りの浴衣をチョイスできるのがうれしい!

 

上皇皇后両陛下も宿泊!ぜいたくな時間を過ごせる部屋

「湯之島館」には、ノーマルの部屋や特別室など、さまざまなタイプの部屋があります。ノーマルタイプの部屋は、2人で宿泊する場合、朝夕食付きで1人16,000円からです。

 

ぜいたくな時間を過ごしたいなら、1人36,000円からの特別室「山楽荘」を。実はこの部屋、昭和51年に上皇皇后両陛下が宿泊しているんです。茶室もあり、特別感のある優雅なひとときを過ごせます。

 

部屋には、露天風呂やヒノキの内風呂付き。露天風呂からは飛騨の山々が眺められるため、絶好のロケーションを独り占めしてくださいね!

 

まるで巨大迷路みたい!「湯之島館」の見どころ

5万坪の敷地のなかに建てられた「湯之島館」。館内は、巨大迷路のようになっています。ビリヤード台や卓球台などの遊び場も盛りだくさん。部屋に荷物を置いて、色浴衣に着替えたら、湯之島館のさまざまなスポットを巡りに探検しにいきましょう!

 

ビリヤード台・卓球台

昔ながらの雰囲気がある、上品なビリヤード台。実際にプレイできるので、浴衣の袖をまくり遊んでみてくださいね。キュー(ビリヤードで使う棒)を持って写真を撮れば、色浴衣が映えるフォトジェニックな写真が撮影できます。

 

カラフルなタイルがキュートな卓球台スペースもあります。こちらもプレイ可能。気持ちよく温泉に入るために、体を動かしてひと汗かきました。

 

展望台

 

下呂の街並みを一望できる、展望台。昼は見晴らしがよく、壮大な自然を眺めながらリラックスできます。夜になると、温泉街のあかりが灯り、キラキラと輝くロマンチックな夜景に。

 

足湯

 

館内を歩き回って疲れてきた頃に立ち寄りたいのが「山の足湯」。下呂温泉の源泉が、疲れた足を癒してくれます。目の前には山の美しい自然が広がっており、心もほぐしてくれました。

 

24時間利用できるので、真夜中にビールやワインを片手に、足湯でヒミツのガールズトークも。

 

廊下

 

館内に張り巡らされた廊下も、湯之島館の立派な見どころ。赤いじゅうたんが敷かれているようすはノスタルジックで、思わず写真を撮りたくなります。後ろ向きで廊下のまんなかに立ち、上半身だけカメラの方を向いて、振り向き美人ポーズをキメて!

 

地のもの、旬のもの。湯之島館ならではの夕食メニュー

館内をひと通り回ったあとは、ディナータイム。湯之島館は、基本的に夕飯は部屋食なので、プライベート空間でまったりと食べられるのがうれしいポイントです。

 

地元の食材をふんだんに使ったこだわりの料理は、どれも絶品。飛騨牛のサーロインを使った味しゃぶは、口のなかでとろける食感です。甘い脂が舌のうえで溶けていき、牛の旨味が広がります。

 

ほかにも、湯之島館特製の朴葉焼寿しや、地元・益田川で獲れた川魚の塩焼きなど、ここでしか食べられないメニューが盛りだくさん。毎月メニューが変わるため、季節を感じられる食事が楽しめますよ。

 

「美人の湯」の源泉100%!ツルツルになれる温泉

おいしい食事で心も体も満たされたあとは、お待ちかねの温泉へ。

 

湯之島館の温泉は、源泉そのまま。大浴場・露天風呂・部屋についている内湯と露天風呂・家族風呂は、すべてダイレクトに源泉へ触れられるんです。

 

▲家族風呂

 

シャワーも源泉100%なので、温泉に入ったあと体を流すという方も安心。温泉の成分が体についたまま、汚れを清潔に流してからお風呂を出られますよ。

 

▲内風呂

 

「美人の湯」として親しまれている下呂温泉は、アルカリ性単純温泉です。pH9.2とアルカリ成分が多く、天然の石鹸のような効果があります。なめらかな湯ざわりの温泉に入ると、肌がツルツルに。肌を触った感触が変わるので、テンションが上がります!

 

▲露天風呂

 

展望露天風呂では、外の気持ちよい風にあたりながら、下呂の自然を一望できます。きれいな景色を眺めながら、ゆったりと温泉に浸かるのは至福のひととき。

 

温泉のあとはオトナの一杯を!「クラブ ムーンライト」

温泉で体を温めたら、湯上りにオトナの一杯を。「クラブ ムーンライト」では、ゴージャスな空間のなかでお酒をいただけます。ビールやカクテル、ウイスキー、ブランデー、地酒、焼酎など、種類はさまざま。

 

まるで舞踏会の会場のようなクラブは、豪華客船をイメージして造られたのだそう。昭和の粋な雰囲気に魅せられて、ほろ酔い気分になりながら、すてきな夜が過ごせました。

 

今度の週末は、下呂温泉「湯之島館」で美肌の旅を!

何度も温泉に入るのもよし、ムーンライトに行ってお酒を嗜みガールズトークを繰り広げるのもよし、ふかふかの布団に入って明日に備えて早めに休むのもよし。楽しみ方が盛りだくさんの旅館「湯之島館」。

 

源泉100%の「美人の湯」でツルツルになれるし、何度来たいと思える宿でした。

 

ゆったりと時間が流れるレトロな空間で、極上の時間を過ごしてみませんか?今度の週末は少しぜいたくをして、下呂温泉「湯之島館」で美肌の旅を!