女性が過ごしやすい空間を追求!

 

ismのメンバーは全員女性です。「女性が楽しく働くためにはどんな環境がベストだろう?」「どうしたら女性が過ごしやすい空間になるだろう?」を全メンバーで考えて追求し、オープンしました。まさに理想の空間!

 

スペース以外にもご紹介したいポイントがあるので、ピックアップしていきますね。

 

オトナの女性のための保健室

 

ちょっと疲れたとき、誰かに相談したいとき、ふらっと立ち寄りたいのが保健室。心理カウンセラーがメンタルケアをしてくれる、オトナの女性のための場所です。私も、ライティングの締め切り前は常連になる予感…。

 

心理カウンセラーに、チャットや対面で悩みを相談できるので、元気をチャージするのにぴったりです!

 

ビジネスアイテムの貸し出し

「『突然打ち合わせすることになったけど、会う準備ができてない』ってこと、よくあるよね」。そんな声から、ジャケットや名刺ケースの貸し出しも行うことにしました。

 

 

ジャケットは、ネイビーやベージュ、ピンクなど、さまざまなカラーを用意。その日のファッションに合わせて選べちゃいます。

 

ほかにも、ストッキングやハンカチなどを販売したり、カウンターに名刺を預けられるようになっていたり。ism campusがかゆいところにも手が届くようなサービスになれたらいいな。

 

イベントへの参加権

 

会員さんは、ism campusで開かれるイベントに参加できます。ボードゲーム会だったり、クリスマスピザパーティーだったり。気が合う仲間やビジネスパートナーを見つけられるかも。

 

(私もいつか「クラフトビールを飲みながらライティングする会」を開きたいので、ライターのみなさんぜひ来てください…!)

 

夢が叶うチャンネル

 

ism campusは、ismメンバーの理想を詰め込んだ空間ですが、これで終わりではありません。会員さんたちとも一緒に作り上げて、日々アップデートしていきたいと思っています。

 

コミュニティ内のチャットに「夢が叶うチャンネル」があるので、「あったらいいな」の要望をどんどん投稿してください!「毎月『VOCE』をそろえてほしい」「マッサージチェアを置いてほしい」など、なんでも大丈夫。毎月誰かの夢をピックアップして叶えます!

 

女性が自分を愛せる人生を歩むために

 

私たちismは、「もっと、わたしらしく」生きられる女性を増やしたいと思っています。

 

女性には結婚や出産などのさまざまなライフステージがありますが、本当に自分らしく働けている人はまだまだ少ないのが現状。「子どもと一緒に出社する」「趣味のライブがあるから15時に帰る」など、自分にとってベストな道を歩める社会を作っていきたいんです。

 

そこでism magazineでは、働く女性へ取材をして、ロールモデルをお届けしています。

 

 

今回、コミュニティコワーキング「ism campus」をオープンしたのは、自分らしく働いている女性に触れてもらいたかったから。新たな発見や情報交換をすることで、自分らしく生きるためのヒントになれたらうれしいです。

 

これからも、オンラインの「ism magazine」とオフラインの「ism campus」を通して、女性がお気に入りの人生を歩めるようにサポートをしていきます。

 

 

というわけで!

 

新しくオープンしたism campusと、ism magazineをよろしくお願いします。私もism campusで仕事をしてるので、気軽にお話ししましょう!