仕事に向き不向きがあるように、結婚にもある程度向き不向きが存在します。結婚意欲はあるものの、自分や意中のお相手が結婚に向いていないかもという不安をお持ちの方は、記事を参考にしてみてくださいね。

結婚に向いていない人は「〇〇すべき」という固定観念に囚われやすい人

 

結婚に向いていない人が陥りやすい考え方に「『〇〇すべき』という固定観念に囚われていること」があります。たとえば「結婚したら女性が家事をやるべきだ」という考えや「男性ならたくさん稼ぐべき」といった考えなどが固定観念の一例です。

 

固定観念を持っている場合でも、話し合いをする中で自分の考えを柔軟に変えていける方は問題ありませんが、頑なな人はお相手と衝突しやすく、生活をともにする結婚に向いているとはいえません

結婚に向いていない人

固定観念が強い方は、結婚に向いていない特徴の一つひとつを照らし合わせる前に、こうした考え方を是正していくところから始めてみると良いでしょう。

 

結婚に向いていない人の7つの特徴とは?

結婚に向いていない人の特徴

まずは結婚をしてみて向いていないとわかったら離婚するというのも方法のひとつですが、できれば事前に自分のウィークポイントは知っておきたいもの。

 

そこで「結婚したけど向いていないかもしれない」と語る方々の声を参考にしながら、結婚に向いていない人の7つの特徴をご紹介していきます。

 

当てはまるものがないか、チェックしながら読んでみてくださいね。

特徴1.家事が苦痛・苦手

結婚に向いていない人の1つ目の特徴は、家事が苦痛、あるいは苦手意識があること。ひとり暮らしの場合は家事が苦手でも誰にも迷惑をかけませんが、結婚のように共同生活をするときは話が変わってきます。

 

特に女性はお相手から家事をすることを期待されるケースが多いため、家事に苦手意識があると結婚生活を送るのが難しいかもしれません。ただし、家事の大半をこなしてくれるお相手がいる場合はかえって快適な生活が送れる可能性も。

 

まずは自分に家事の苦手意識があるかどうかを見極め、ある場合はお相手に相談するところから始めてみると良さそうです。

特徴2.支え合う必要性を感じていない

結婚に向いていない人の2つ目の特徴は、支え合う必要性を感じていないことです。結婚は共同生活であるため、ある程度の協調性がないとうまくいきません。

 

しかし、支え合う必要性を感じていない場合は相手のペースに合わせたり、相手が困っているときに手を差し伸べたりといったことが難しくなってしまい、「そもそもどうして一緒にいるんだろう」と思う事態に発展しかねません。

特徴3.自分の時間を大切にしたい

結婚に向いていない人の3つ目の特徴は、自分の時間を大切にしたい方です。どんな人でも多かれ少なかれ、自分の時間を持ちたいと思っているもの。でも、一緒に暮らしているのに同じ時間を共有する姿勢がなさすぎると、お相手によっては結婚の意義がないと感じる方もいるでしょう。

 

自分の時間を大切にしたい度合いが近しい方と結婚すれば話は別ですが、自分の時間を大切にしたい傾向がある方は意中のお相手と感覚をすり合わせておくことをおすすめします。

特徴4.家族・親戚付き合いが苦痛

結婚に向いていない人の4つ目の特徴は、家族・親戚付き合いが苦痛に感じることです。結婚はお相手だけでなく、お相手の家族との関係も関わってくるもの。そうした家族・親戚付き合いを苦痛に感じるタイプの方は結婚に向いていません。

 

もちろんお相手の家族との相性や関わる頻度にもよりますが、そうした付き合い全般に苦手意識を持っている方は結婚を考え直したほうが良いでしょう。

特徴5.惚れっぽい

結婚に向いてない人の5つ目の特徴は、惚れっぽいことです。独身のときは惚れっぽい性格だったとしても、結婚してからはパートナー一筋になったという方も多いですが、そうでない場合はパートナーを不安にさせてトラブルに発展することも。

 

人の気持ちはどうにもならないものですが、惚れっぽい性質は結婚向きとは言えません。

 

特徴6.感情的になりやすい

結婚に向いていない人の6つ目の特徴は、感情的になりやすいことです。自分の感情を素直に伝えられるのは素晴らしいことですが、あまりに直情的だとお相手を驚かせ、疲弊させてしまいます。

 

感情を殺す必要はないので、一拍置いて冷静に対処できるようトレーニングを重ねましょう

特徴7.見返りを求めやすい

結婚に向いていない人の7つ目の特徴は、見返りを求めやすいことです。「せっかく●●してあげたのに」と思うと不満が溜まりますし、そうした不満をお相手が察知して気まずくなることも。不満を都度伝え合える関係なら良いかもしれませんが、それでも不満を持ちやすい性質が治らない限り、衝突する回数が増えることになります。

 

結婚に向いてないとまでは言えませんが、見返りを求めなくなったほうがすこやかな結婚生活を送りやすいでしょう。

結婚が向いていない人が結婚するにはどうしたらいい?

結婚に向いていない人が結婚するには

結婚が向いていない自覚があるけれど結婚意欲がある方がまずすべきことは、理由の洗い出しです。たとえば、家事への苦手意識がある場合はパートナーと家事分担を相談すれば解決するかもしれません。支え合う必要性を感じないことや、見返りを求めやすいのは自分自身の問題なので、意識改革することが解決策になります。

 

結婚が向いていない理由の洗い出しをして、それぞれの理由に合った改善方法にトライすれば、すこやかな結婚に一歩近づくことでしょう。

結婚に向いていない人が結婚してしまったらどうなるの?

結婚に向いていない人が結婚してしまった場合、結婚してから後悔するかたちになります。「結婚なんてしなければよかった」と思う方もいるかもしれませんが、結婚に向いているかどうかはお相手やタイミングによっても異なるため、実際に結婚してみないとわからない部分も大きいのです。

 

もしも結婚してから「結婚が向いていないかも」と思う瞬間があったら、つらいポイントについてパートナーに率直に打ち明けてみると良いでしょう。ひとりで悩んでいて大きなことだと思っていたこともパートナーの協力があれば大した問題ではない可能性もあるからです。

 

ただ、結婚生活を続けることがどうしても苦痛なら離婚することも方法のひとつです。お互いの合意があればやめることもできるので、自分を責めたり、プレッシャーに思いすぎたりしないようにしましょう。

【おまけ】結婚に向いていない男性の特徴って?

結婚に向いていない男性の特徴

最後に、番外編として結婚に向いていない男性の特徴を3つお伝えします。以下の条件に当てはまったからといって絶対に結婚してはいけないわけではありませんが、あくまでひとつの基準として参考にされてみてくださいね。

お金の管理ができない

結婚に向いていない男性の特徴の1つ目は、お金の管理ができないことです。浪費家だったり、十分な稼ぎがないのにお金を使いすぎてしまったりする男性がパートナーだと家計の不安が残るのは想像しやすいかと思います。パートナーのお財布の中だけでやってくれるならまだしも、どちらか一方がお金を持ち出しすぎる関係はあまり良いものになりません。

女癖が悪い

結婚に向いていない男性の特徴の2つ目は、女癖が悪いことです。女性にモテるのは相応の魅力があるとも言えますが、結婚しているお相手側からしてみると気が気ではありません。割り切れる方なら問題ありませんが、そうでなければ不安が増幅して関係にヒビが入りかねません。

 

結婚後に落ち着く可能性に賭けてみることもできますが、その場合も傷つく覚悟をしておいたほうが良いでしょう。

趣味にのめり込んでしまう

結婚に向いていない男性の特徴の3つ目は、趣味にのめり込んでしまうことです。趣味にのめり込んでしまう人は家庭を顧みなくなる傾向があります。お互いに趣味人で自由にして痛い夫婦なら良いかもしれませんが、たとえば子どもが生まれても趣味に没頭していると、ワンオペ育児をしなくてはいけない可能性も出てきます。

 

趣味を持つのは良いことですが、情熱がありすぎる場合は注意したほうが良いかもしれません

まとめ「結婚に向いていないと思うことがあったら都度相談できる関係を築こう」

結婚にはいい関係構築が必要

結婚に向いていない人の特徴をご紹介してきましたが、当てはまったからといって結婚しないほうがいいわけではありません。逆に、結婚に向いていないポイントを知って、きちんと向き合ってからのほうがすこやかな結婚生活を送れる可能性が高まります

 

また、本来は結婚に向いている人もそのときどきの状況によって「結婚に向いていないかも」と思うこともあるでしょう。

 

あまり神経質になりすぎず、問題やつらいことがあったら都度パートナーと相談できる関係を築いていくことが、結婚向きになる一番の近道かもしれません。