ものづくりが好きだった、絵を書いたり雑誌を読んだりするのが好きだった……そんな人におすすめなのがWebデザイナーという仕事です。

 

「でも、いきなりデザイナーなんてなれるの?」なんて不安になると思います。実はWebデザイナーはスキルをつければ誰にでも目指すことができる職業なんです。

 

今回の記事では、Webデザイナーの仕事に興味がある方に、未経験からWebデザイナーになる方法や勉強の方法をご紹介していきます。

Webデザイナーの仕事とは

webデザイナーの仕事

Webデザイナーの仕事はWebに関するデザインを行うことです。

 

ひとくちにデザインと言っても、Webサイトやバナー、ロゴなどのビジュアルデザイン業務、HTML・CSSを使ったサイトのコーディング業務、Webサイトの目的に合わせたユーザーの行動や体験の設計業務(UX)など多岐に渡ります。

 

Webデザイナーはパソコン1台で仕事ができて成果も見えやすいため、企業でのリモートワークの対象になったり、フリーランスで時間と場所に縛られない働き方を実現しやすい仕事です。

Webデザイナーに必要なスキル

webデザイナーに必要なスキル

専門職であるWebデザイナーにはスキルが必要不可欠です。目指したいキャリアによっても変わりますが、Webデザイナーとして仕事をするためには以下のスキルや知識をつけることをおすすめします。

 

グラフィックデザイン・Webデザインの知識

グラフィックデザインとは平面上に表示される画像や文字、色彩でメッセージを伝える手段のことです。Webデザインにも基本的なグラフィックデザインの知識が必要になります。

 

また、Webサイト特有のデザイン知識も必要です。余白や媒体(PC・スマホ)による見た目の違い、読みやすい文字の大きさなどを知っている必要があります。

 

Photoshop・Illustratorなどのツールを使うスキル

Webサイトやバナー、ロゴを制作するときには、Adobe社が提供しているPhotoshop(フォトショップ)Illustrator(イラストレーター)などのデザインツールが使用されることが多いです。

 

現在、ほとんどのデザイナーや会社のデザイン制作ではこれらのツールが使われるので、デザイナーとして働く場合にはこれらのツールを使うスキルが必要不可欠です。

 

他にもXDやfigma、Sketchなどデザインツールが存在しますが、基本的にはこの2つを使えるようになっておくのがおすすめです。

 

HTML・CSSなどのコーディングスキル

Webデザイナーには、Webサイトを制作するためのサイトコーディングのスキルが必要な場合もあります。

 

サイトコーディングはHTMLCSSというマークアップ言語が基本です。他にもアニメーションやサイトの動きをつけるJavaScriptなども覚えておくといいスキルです。

 

必須のスキルではありませんが、コーディングができたほうが仕事の幅が広がります。コーディングを意識したWebデザインを作れることもデザイナーのスキルに繋がるので、習得しておいて損のないスキルです。

 

UI・UXの知識

 

Webデザイナーには、UI(ユーザーインターフェース)UX(ユーザーエクスペリエンス)と呼ばれる、ユーザーがWebサイト上でどのように行動し、どのような体験をするかを設計するスキルが求められます。

 

ただきれいなデザインを作るだけでなく、どう情報を設計するかの知識はWebデザイナーがつけておきたいスキルです。

 

デザインが未経験の人は、まずは学んで基礎的なスキルをつけてからWebデザイナーを目指しましょう。次の章でWebデザイナーに必要なスキルを学ぶ方法をご紹介します。

未経験からWebデザイナーのスキルをつける方法は?

未経験からwebデザイナーに

本を買って独学で学ぶ

あまりお金をかけずにWebデザインを始めてみたい人は、デザインに関する本を読んでデザインを学んでみましょう。

 

本は体系的にデザインについて学ぶことができるので、「何から始めたらいいかわからない」という初心者の方におすすめの勉強法です。

 

デザイン初心者に読んでほしいおすすめのデザインに関する書籍▼

 

本を読むだけではなく、学んだ内容をアウトプットするのを忘れないようにしましょう。実際のWebサイトを真似して作ってみたり、オリジナルのサイトやバナーを作ってみてもいいですね。

 

また、先にご紹介した書籍で学べるのはビジュアルデザインの知識のみです。

 

Webデザイナーとして活躍したい場合は、実際にWebサイトを作るためにHTMLやCSSの知識も必要です。Webサイトコーディングに関する書籍や、次に紹介するデザイン学習サービスで学んでみましょう。

 

Webサイトコーディングに関するおすすめの書籍▼

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

オンラインのデザイン学習サービスで学ぶ

Progate

Progate(プロゲート)はプログラミング学習のサイトです。Webサイト制作に必要なHTML・CSSの知識やWebデザインを学ぶことができます。基礎的な講座は無料で始められるのもおすすめポイント。

 

基礎だけでなくサイトに動きをつけるJavaScriptなど発展した内容も学ぶことができ、初心者でもしっかり基礎を学べるのがポイントです。

 

>>Progateの公式サイトを確認する

ドットインストール

ドットインストールはプログラミング学習が中心のサイトですが、動画を見ながら学べることが魅力的。3分の短い動画なので、忙しい人もスキマ時間で学習ができます。

 

>>ドットインストールの公式サイトを確認する

Adobe Creative Cloudチュートリアル

デザイナーが使うデザインツールを提供しているAdobe(アドビ)では、初級者・中級者向けにデザインやツールの使い方をレクチャーしてくれる動画を提供しています。

 

特にPhotoshopやIllustratorなどはWebデザイナーに必要なスキルなので、しっかり使い方をマスターしておきましょう。

 

>>Adobe Creative Cloudチュートリアルを確認する

 

デザイン専門のスクールで学ぶ

「自分で学習を続ける自信がない」「短期間で実践的なスキルを学びたい」

 

そんな人にはWebデザインスクールで学ぶのもおすすめです。通学制のスクールもありますが、最近はすべてオンラインで学習できるスクールも多くなっています。

 

スクールにもよりますが、最短2ヵ月〜6ヵ月程度で仕事に使えるWebデザインのスキルを習得することが可能。費用はスクールにもよりますが、半年で30万円〜50万円程度のスクールが多いです。

 

Webデザイナーを目指したい女性には「SHElikes(シーライクス)」や「デジタルハリウッド」がおすすめ。基礎的なWebデザインの知識から実際に自分でWebサイトを作るなど実践的な学習が魅力的です。

未経験からWebデザイナーに転職する方法

webデザイナーに転職する

デザイナーとしての経歴がなくてもWebデザイナーに転職することはできるのでしょうか。独学やスクールでWebデザインを学んだあと、Webデザイナーに転職する方法をご紹介します。

未経験可の求人に応募する

経歴が必要そうなデザイナー職でも、実は「未経験可」の求人が多く存在します。デザイナー人材はまだまだ不足しているので、業務未経験でも少しでもスキルのある人材を雇用して育てていく会社も多いのです。

 

また、第二新卒での応募が可能な年齢の場合、「第二新卒」の条件で調べると未経験でもデザイナー職に応募できる求人もあります。

 

未経験でもデザイナー職として転職できるチャンスはあるので、ぜひチャレンジしてみてください。

制作会社にアルバイトで就職する

未経験で正社員としての転職も可能ではありますが、やはり条件や給与に妥協が必要な面がでてきてしまうことも。また、転職活動に苦労するという話もよく耳にします。

 

そこで正社員として転職する前に、制作会社でのアルバイトをするのもひとつの手段です。

 

デザイナーのアシスタントやスキルアップしてデザイナーとして働くことで、次の転職では経験者として転職活動ができます。未経験よりも応募できる会社が増え、条件や待遇も良くなることが多いです。

副業でWebデザインの仕事を請ける

正社員での転職にこだわりたい場合は、本業を続けながら副業でWebデザインの仕事をしてみるのもおすすめです。

 

就職や転職よりもスキルアップに時間はかかりますが、本業を続けることでキャリアチェンジのリスクを減らしながら、Webデザイナーに挑戦することができます。また、ディレクションや営業の経験もでき、キャリアの幅が広がるのもポイントです。

 

知り合いのデザインを手伝ったり、クラウドソーシングサービスを使うなど、副業を始める方法はさまざまです。詳しくはこちらの記事でもご紹介しています。

 

本業と副業の両立は大変ですが、キャリアチェンジのリスクを減らして新しい仕事にチャレンジしたい方は、副業に挑戦してみてはいかがでしょうか。

未経験でもあきらめないで!スキルをつけてWebデザイナーを目指そう

「未経験で、今からWebデザイナーになるなんて無理だ」とあきらめていた方。今回の記事でご紹介したように、未経験からでもWebデザイナーにキャリアチェンジできる方法はたくさんあります。

 

もちろん、未経験から目指すにはスキルをつけたり、転職や副業を頑張る必要がありますが、だれにだって挑戦するチャンスはあるんです。

 

Webデザインに挑戦したいと思ったら、まずは本を買ったりサービスに登録してみたりとデザインを学んでみることからぜひ始めてみてくださいね。