Webデザイナーを目指してデザインを学ぶスクールや講座に通い、実際にWebデザイナーになる人も少なくありません。Webデザイナーはお金をかけてスクールに通わないとなれない職業なのでしょうか。

 

実は、独学でWebデザインを勉強してWebデザイナーになることは可能なんです!

 

「お金も時間もないけどWebデザイナーを目指したい!」今回はそんな方に向けて、独学でWebデザインを勉強する方法をご紹介していきます。

Webデザイナーに必要なスキルとは?独学でもなれるの?

Webデザイナーは独学でもなれるのか

Webデザイナーの仕事

WebデザイナーはWebに関するデザインを行います。Webサイトやバナー、ロゴなどのデザイン業務からサイトのコーディング業務、ユーザーの行動や体験の設計業務(UX)など、Webデザイナーの仕事はさまざまです。

Webデザイナーに必要なスキル

Webデザイナーに必要なスキルは、主に「デザインの知識」「ツールを使うスキル」「コーディングスキル」「情報設計の知識」の4つです。それぞれのスキルについて解説していきます。

デザインの知識

Webデザインを行うにあたって、グラフィックデザインWebデザインの知識が必要です。平面上の画像や文字、色彩に関するグラフィックデザインの知識に加え、Webサイトでの余白や媒体(PC・スマホ)による見た目の違い、読みやすい文字の大きさなどのWebデザインについて知っている必要があります。

ツールを使うスキル

Webサイトやバナー、ロゴ制作には通常、Adobe社が提供しているPhotoshop(フォトショップ)Illustrator(イラストレーター)などのデザインツールを使用します。多くの会社ではこれらのツールを使ってデザイン制作が行われているので、これらのツールがつかえることもデザイナーに必須のスキルです。

コーディングスキル

Webサイトを制作するためのコーディングのスキルもあるといいです。Webサイトは基本的にHTMLCSSという言語でコーディングします。この2つの他に、サイトの動きをつけるJavaScriptも覚えておくと役に立つスキルです。

情報設計の知識

Webサイトを制作する際には、情報設計の知識も必要です。昨今ではUI(ユーザーインターフェース)UX(ユーザーエクスペリエンス)など、Webサイト上でのユーザーの行動や体験を重視したデザインや情報設計が重要視されています。

 

必須のスキルではありませんが、より価値の高いWebデザイナーを目指すためにつけておきたいスキルです。

Webデザイナーになる方法は?独学?スクール?

Webデザイナーになる人は、独学かスクールに通うかで分かれます。もちろんそれぞれにメリット・デメリットがありますが、どちらも同じだけWebデザイナーとして就職できるチャンスがあります。

 

スクールに通えば短期間でデザインの勉強ができますが、数十万円の費用がかかるのは考えたいところ。「たくさんのお金はかけずにWebデザインの勉強を始めてみたい」なんて方は、まずは独学で勉強を始めてみてもいいかもしれません。

 

次の章では独学でWebデザイナーを目指すメリットとデメリットを解説していきます。

独学でWebデザイナーを目指すメリット・デメリット

独学Webデザイナーのメリット・デメリット

独学のメリット

費用を抑えられる

独学の最大のメリットはスクールよりも費用が抑えられることです。独学は書籍やWebサービスを使って勉強するので、かかる金額は数千円〜数万円程度。必ず数十万円かかるスクールよりもはるかに費用がかかりません。

 

独学では有料のWebサービスを使うのも有効です。コーディングを学ぶサイトであれば月1,000円程度で学べますし、動画の教材も1,000〜3,000円程度で良質なものを購入できます。

 

自分のペースで勉強できる

勉強のペースを自分で決められるのも独学の大きなメリットです。スクールは講座の期間が決められていたり、期限付きの課題があったりして仕事との両立が難しくなってしまう場合もあります。

 

独学であれば仕事の忙しさに合わせて調整しながら学習を進めることができるので、大きな負担にならないのがポイントですね。

独学のデメリット

モチベーション維持が大変

独学で勉強している人が口を揃えて言うのが「モチベーション維持が大変だ」ということ。勉強を始めたはいいものの、なかなか続かない人も多いのではないでしょうか。

 

強制力や仲間がいないとモチベーションも続かず、なんとなくダラダラしたりやめてしまう可能性があります。

 

独学のモチベーション維持のためには「一緒に頑張る仲間をつくる」「積極的にアウトプットする」「学習の期限を決める」など、ルールや仲間づくりの工夫をしてみましょう

 

わからないところを聞ける人がいない

独学のもうひとつのデメリットが、勉強中につまづいたりわからない箇所があったときに聞ける人がいないことです。聞ける人がいないと、わからない箇所を調べるのに余計な時間を使ってしまったり、モチベーションが低下して学習をやめてしまう可能性もあります。

 

未経験から初めての知識を学ぶときは、聞ける友達をつくることやメンターサービスなどを利用するのがおすすめ。エンジニアが多いですが、「menta」というサービスはメンターを探すことができるので、ぜひ使ってみてください!

独学でWebデザインを学ぶ方法

独学でWebデザインを学ぶ方法

「まずは独学で始めたいけど、どうやって学べばいいんだろう……」そんな疑問を持つ方に、独学でWebデザインを学ぶ方法を3つご紹介します。

Webデザインの本を読む

Webデザインは書籍から体系的に学ぶことも可能です。Webデザインの基礎から学びたい方には以下の書籍がおすすめです。

ノンデザイナーズ・デザインブック(日本語)

伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

 

また、Webサイトコーディングに関しては以下の書籍もおすすめ。

 

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

 

また、Webデザインは本を読むだけでなく実際に手を動かして作ってみることが重要です。自分でWebサイトを作ってみたり、次に紹介する学習方法で実践してみましょう!

Webデザイン学習サービスを利用する

実際に手を動かしつつ、体系的に学びたい方はオンラインのWebデザイン学習サービスを利用するのがおすすめ。無料で始められるサービスから、月額数百円〜数千円程度の有料サービス、教材を買う買い切りのサービスまでさまざまです。

 

Webデザインに必要な知識を、動画やスライドを見ながら実際に作ることができるので、より実践的なスキルが身につきます。

デザイントレースをする

「とにかく手を動かしたい!」という方には、実際のWebサイトやバナーと同じデザインをつくるデザイントレースもおすすめです。

 

デザイントレースのやり方は、以下の通り。

 

  1. トレース(真似)をしたいバナーやWebサイトを決める
  2. スクリーンショットを撮る
  3. デザインツールでレイヤーに貼り付ける
  4. 上のレイヤーに同じデザインになるようにデザインを作っていく

 

こうやって他人のデザインを真似していくことで、ツールの使い方に慣れたり、本などで得た知識を確認したり、デザインの幅を増やしたりすることができます。

 

実際に手を動かしてたくさんデザインをしていくことが上達の大きなカギになります!

独学でWebデザイナーを目指すためのサービス5選

独学でWebデザイナーになるためのサービス

ここからはWebデザインの独学をサポートしてくれるおすすめの学習サービスをご紹介します。

Progate

Progate(プロゲート)はプログラミング学習のサイトで、主にHTML・CSSやサイトに動きをつけるJavaScriptなどを学ぶことができます。Webデザインコースも用意されており、初心者でもしっかり基礎を学べるのがポイントです。

 

>>Progateの公式サイトを確認する

Cocoda!

Cocoda!(ココダ)はコミュニティ型デザイン学習サイトです。スライドを見ながら実際にデザインを作り、デザインの基礎を学ぶことができます。

 

また、Cocodaはお題に沿ったデザインを作成して投稿する「Daily Cocoda!」が特徴的。基礎を学んだ後に、手を動かしながら実践的なデザインを学びたい人におすすめです。独学でも他の人の頑張りが見れることでモチベーションアップにも繋がります。

 

>>Cocoda!の公式サイトを確認する

Udemy

Udemy(ユーデミー)は動画教材のプラットフォームです。各分野のプロが作った学習動画で、初級者〜上級者向けでさまざまなジャンルの動画教材を購入できます

 

中でもWebデザインの教材が多いので、目的やスキルレベルに合わせた動画を選べます。1講座1,000円〜3,000円程度で買えるものも多く、お財布に優しいのも嬉しいポイントです。

 

>>Udemyの公式サイトを確認する

Adobe Creative Cloudチュートリアル

デザイナーが使うデザインツールを提供しているAdobe(アドビ)では、初級者・中級者向けにデザインやツールの使い方をレクチャーしてくれる動画を提供しています

 

特にPhotoshopIllustratorなどはWebデザイナーに必要なスキルなので、しっかり使い方をマスターしておきましょう。

 

>>Adobe Creative Cloudチュートリアルを確認する

ドットインストール

ドットインストールはプログラミング学習サービス3分の短い動画を見ながら学べるので、忙しい人もスキマ時間で学習ができます

 

プログラミングの講座が中心ですが、デザインの入門講座もあることや無料で使えるのがポイントです。

 

>>ドットインストールの公式サイトを確認する

お金や時間がなくても夢をあきらめない!独学でデザイナーを目指そう

独学でもWebデザイナーになれる

Webデザインを学ぶには学校に通うだけでなく、本や学習サービスを利用するなどさまざまな方法があります。

 

「Webデザインを学ぶには費用や膨大な時間がかかるから、Webデザイナーになるのは諦めよう……」なんて思っていた方も、独学であれば費用をかけずに自分のペースで学習することも可能です。独学だから転職が難しいなんてことも一切ありません。

独学では資格を取るのもおすすめです。資格があると就職に有利になったり、モチベーションの維持や目標設定にも効果があったりします。Webデザイナーの資格についてはこちらの記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。