「現在Webディレクターとして働いているけど、今後のキャリアパスが想像できていない」という方もいるのではないでしょうか。何も決めないまま闇雲に進むよりは、目標を掲げて進む方が仕事のモチベーションを高めやすいはず。

 

本記事では、Webディレクターとして働くうえでの5つのキャリアパスと、今後のために身につけるべきスキルをご紹介します。記事を参考に、これからの働く道筋を考えてみてはいかがでしょうか。

Webディレクターの5つのキャリアパスとは

まずは、Webディレクターの5つのキャリアパスについてご紹介します。

1. 企業に属さずフリーランスとして活動

企業に属さずフリーランスとして活動することも働き方のひとつです。会社員になるのではなく、会社勤めのときの人脈を活かし、フリーランスとしてさまざまなプロジェクトごとにディレクターとして関わる方法があります。

 

フリーランスとして活動する際は、企業と契約して業務委託で仕事をするのが特徴。会社に入り込んでさまざまなプロジェクトに関わることもあれば、1件のプロジェクトごとに幅広い企業と関わることもあります。

 

フリーランスになると自分で仕事を取りにいかなくてはならないので、ディレクターとしてのスキルだけではなく営業力も必須です。つまり、自分の力次第で年収がアップする可能性もダウンする可能性もあるということです。

2. 経験を活かして独立・起業

これまでの経験を活かして独立するというキャリアパスもあります。

 

フリーランスは自分ひとりで仕事をするのに対し、独立・企業の場合は法人として立ち上げ、会社として他の企業のディレクション案件を請け負うことが特徴。

 

法人同士の取引になるので、フリーランスとしてひとりで関わるのとはまた違った仕事の仕方ができるでしょう。

3.会社内の Webディレクター(リーダー層)に昇進・転職

Webディレクターをまとめるリーダー層へキャリアアップする方法もあります。社内でスキルを磨いて昇進をするのはもちろん、これまでの実績を基に転職するのもひとつの手です。

4. 会社内のWebプロデューサー(マネージャー層)に昇進・転職

リーダー層よりもさらに上のWebプロデューサーに昇進・転職するキャリアパスもあります。ディレクターとしての経験を活かし、マネージャー層にキャリアアップする方法です。

5. 役員・経営者に昇進・転職

独立するのではなく社内や転職を重ねてキャリアアップをし、役員や経営者に昇進するスキルパスもあります。

 

Webプロデューサーや役員は、人を動かすよりももっと上流工程である組織を動かすこと・自社の事業を成長させることを考えなくてはいけません。

 

よりスキルアップしていくためには、ディレクターとして優れた実績を残すだけではなく、組織マネジメント能力を高めたりマーケット・事業内容への理解を深めたりする必要があるといえます。

Webディレクターのキャリアにおける悩み別解決方法

続いて、Webディレクターがキャリアアップしていくうえで抱えがちな悩みと解決方法をご紹介します。

1. キャリアアップのイメージがつかない

まずは、キャリアアップのイメージがつかないというお悩みです。

 

そもそもWebディレクターという職種が新しいものであるため、身近に参考になる先輩がいないという問題があります。

 

もし、社内でキャリアアップのイメージがつかないようであれば、SNSやイベントを活用して社外のWebディレクターやWebプロデューサーと関わりを持つのがおすすめです。視野を広く持つことで、キャリアパスの参考になる人が見つかるかもしれません。

2. 自分の市場価値がわからない

自分の市場価値がわからないという悩みもあります。ディレクターはライターやデザイナーなどのクリエイターと違って様々な複合スキルが必要な職種です。そのため、良し悪しや同じディレクターとスキルが比べにくいのです。

 

この悩みも、視野を広く持つことで解決へと導けるでしょう。社外のWebディレクターと関わりを持つことで自分に足りないのかを客観視できるはずです。

3. 特定の領域のスキルしかない

ディレクションする案件に偏りがある場合、特定の領域のスキルしか得られないことがあります。それが理由で、自分はWebディレクターとして未熟なのではないかと悩んでしまう人が多いのです。

 

何か特定の分野に長けていることは強みです。その強みをベースに他のスキルを磨いていくことで、より強いWebディレクターへと成長できるでしょう。

4. マネジメント経験が少ない

マネジメント経験が少なく、Webディレクターとして自信が持てないという悩みもよくあるものです。

 

会社は、企業の利益を考えつつさまざまなスキルを身につけられる場所でもあります。社内で関わる案件に自由度があるのであれば、マネジメントを経験できるような案件に関わらせてもらえるよう相談してはいかがでしょうか。

Webディレクターがキャリアアップするために必要なスキル3つ

最後に、Webディレクターがキャリアアップしていくために必要なスキルをご紹介します。

1. Webデザインのスキル

まずはWebデザインのスキルです。Webディレクターとしてスキルアップしていくためには、制作現場へのより深い理解が必須。顧客の業界・業種についての理解も必要です。

 

クリエイティブ面のスキルを学ぶことで、より広い知識を得られるので、Webディレクターとしてのキャリアアップが見込めるでしょう。

 

「関わっている分野から、少しずつ勉強していくのがおすすめ!色に関する知識や著作権に関する知識を持っておくと便利です。あとは、UX・UIはディレクターが検討することが多いので、その点を勉強しておくといいでしょう。」

2. Webプログラミングのスキル

ディレクターとしてキャリアアップしていくためには、Web業界全体に関する幅広い知識が求められます。Webデザインと同じようにWebプログラミングのスキルや知識も必要になるといえるでしょう。

 

「ディレクターは、プログラミング言語を使いこなすのではなく、依頼するときにどれくらいの工数がかかるのか、そもそもプログラミングで解決できるのかを判断するために知識をつけておくことが大切。

 

簡単な修正は自分でできたり、トラブルが起こっている箇所を理解できたりする程度の知識を持っておくと、仕事がスムーズに進みます。HTMLとCSSは、理解して自分で触れるようになっておくのがおすすめ!」

3. Webマーケティングのスキル

Webディレクターは、日々の進捗管理はもちろんのこと、数値を見ながら課題を分析したり改善を重ねたりする業務もしなければいけません。

 

利益に対する視点を持つため、Webマーケティングのスキルも勉強するべきであるといえます。

 

「Googleで分析することが多いので、AnalyticsやSearch Consoleの使い方は必須。ウェブ解析士の資格勉強をすると、より身につくものが多いでしょう!

 

SNSで流行っているものはまず試して自分で効果検証をすること、海外のニュースやトレンドもチェックしておくことを意識すると、ディレクターとしてのWebマーケティングスキルが磨かれます。」

Webディレクターのキャリアパスをじっくり考えよう

Webディレクターが職業として確立されたのはかなり最近のこと。そのため、ロールモデルが見つからなかったり進むべき道を見失ったりと悩んでしまいがちですよね。

 

Webディレクターのキャリアは個人のスキルや意思に大きく依存するもの。そのため、「これを勉強しておけば大丈夫」という資格はなく、業界の状態を見て臨機応変にスキルをつけていく必要があります。

 

しかし、これは言い換えると、自分ならではのキャリアパスを描きやすいということです。基本的な知識は日々勉強を続けつつ、時代に合わせて柔軟に働き方を考えられるのはWebディレクターの魅力といえるでしょう。自分が興味ある分野に特化したディレクションも可能です。

 

社内に相談相手を見つけられないのなら、SNSやイベント、セミナーを活用するのもひとつの手です。視野を広げてWebディレクターのキャリアパスをじっくり考えてみてくださいね。