結婚指輪と婚約指輪。どちらもしあわせの証であり、「いつか婚約指輪をもらいたい」「結婚指輪を彼と一緒に選びにいきたい」と考えている方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、リアルな結婚指輪・婚約指輪のそれぞれの特徴や相場は詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

 

本記事では、結婚指輪と婚約指輪の特徴やそれぞれの相場、選び方やおすすめのブランドをまとめてご紹介します。

 

結婚指輪と婚約指輪の特徴と違いとは?

結婚指輪と婚約指輪の違い

まずは、2つの指輪の違いを見ていきましょう。

 

婚約指輪とは

 

婚約指輪とは、一般的に婚約の証として男性から女性へと贈るものを指しています。

 

男性がサプライズで用意し、プロポーズの際にプレゼントするものというイメージが大きいのではないでしょうか。女性の好みを尊重して事前に用意するのではなく、婚約後に一緒に選びにいくケースもあります。

 

結婚指輪とは

 

結婚指輪とは、結婚するときに夫婦で購入するものです。

 

結婚式の際、指輪交換でお互いに着け合うのは結婚指輪です。婚約指輪に比べて相場が低く、婚約指輪よりもシンプルなデザインを選ぶカップルが多いことが特徴。

 

結婚後に日常的に身につけることが多いのは、結婚指輪といえるでしょう。

 

結婚指輪と婚約指輪の相場はいくら?

結婚指輪と婚約指輪の相場

では、結婚指輪と婚約指輪それぞれの相場はいくらくらいなのでしょうか。

 

婚約指輪の場合

 

ゼクシィ結婚トレンド調査2019」によると、婚約指輪の相場は35万5000円ほど。首都圏では36万8000円が平均でした。

 

30万円から40万円までが27.7%と1番多く、続いてが20.8%の20万円から30万円、40万円から50万円が14.4%で3番目と、20万円以上50万円未満で購入する方が6割を占めています。

 

結婚指輪の場合

 

対して、同じく「ゼクシィ結婚トレンド調査2019」によると、結婚指輪の平均価格は2つで24万2000円とのこと。婚約指輪と比べて大幅に相場が低いことが特徴です。

 

結婚指輪と婚約指輪、どちらも買った方がいいの?

そもそも、結婚指輪と婚約指輪はどちらも購入するべきなのかと疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。

 

どちらも買わなければいけないという明確な決まりはもちろんなく、婚約指輪は買わず、結婚指輪だけ購入する夫婦も。また、婚約指輪も結婚指輪も購入せずに別のことにお金を当てるカップルもいます。二人で話し合い、納得のいく着地点を見つけましょう。

 

デザインを少し華やかのものにすることで、結婚指輪と婚約指輪を兼用するのもひとつの手です。

 

結婚指輪と婚約指輪の選び方

結婚指輪と婚約指輪の選び方

続いて、結婚指輪と婚約指輪の選び方をご紹介します。

 

婚約指輪の選び方

 

婚約指輪は、選ぶデザインによって普段使いできるものフォーマルな場面に適したものとに分けられます。

 

普段使いをしたいのであれば、カジュアルなときにもつけやすいものをチョイスしましょう。

 

婚約指輪に人気のデザインである、真ん中にダイアのついた「ソリティア」は、華やかでかわいいのですが服に引っかかりやすいといえます。そのため、フォーマルな場面にはぴったりですが、普段使いにはあまり向かないかもしれません。

 

どんなタイミングで婚約指輪を着けたいかということを考えてから選ぶことをおすすめします。

 

結婚指輪の選び方

 

結婚指輪は普段使い用としてデザインを選ぶ人が多いといえます。日常使いをすることを考えているなら、シンプルなデザインがおすすめです。

 

また、婚約指輪と結婚指輪をどちらも購入する人の中には、同じブランドで揃えて選ぶ方もいます。婚約指輪と重ねづけしやすいデザインという観点での選び方もあるので、二つを合わせて選ぶといいでしょう。

 

結婚指輪・婚約指輪に人気のデザイン

 

<ストレートデザインの指輪の画像>

ストレートデザインの指輪

結婚指輪で人気のあるデザインのひとつが、「ストレートデザイン」。定番であり、トレンドに左右されないので、長く着けられることが魅力です。シンプルで他のデザインとも馴染みやすく、婚約指輪との重ねづけにも適しています。

 

<ウェーブデザイン指輪の画像>

ウェーブデザインの指輪

S字デザインとも呼ばれる「ウェーブデザイン」も人気があります。ストレートよりも柔らかく上品な印象を与えるシルエットが特徴。直線的ではないので女性しか似合わないのではないかと思われがちですが、男性でも取り入れられるデザインです。

 

<V字デザインの指輪の画像>

V字デザインの指輪

「V字デザイン」の結婚指輪も人気です。切り込みが入ったデザインは、V字の深さによって印象が変化します。浅いとウェーブデザインに近い柔らかさが、深いとスタイリッシュな雰囲気が実現します。

 

<ソリティアデザインの指輪の画像>

ソリティアデザインの指輪

婚約指輪は、立て爪に一粒のダイヤモンドが光る「ソリティア」が人気です。

 

<メレデザインの指輪の画像>

メレデザインの指輪

また、ソリティアと同じくらい人気なのが「メレ」というデザイン。大きめの石の横に小さい石がいくつかあしらわれた形で、手元を華やかに見せることが可能です。

 

<パヴェの指輪の画像>

パヴェの指輪

「メレ」で使われる小粒のダイヤモンドを敷き詰めた「パヴェ」というデザインも人気があります。フランス語で石畳みという意味を持つパヴェは、360度どこから見てもキラキラと輝いているのが魅力といえるでしょう。

 

結婚指輪・婚約指輪に人気のブランド5選

 

最後に、人気のブランドをピックアップしてご紹介します。

 

1. Tiffany & Co.

 

その名を聞いたことがない人の方が少ないのではないかといえる「Tiffany & Co.」。ティファニーブルーカラーが特徴の、ブライダルリングの定番ブランドです。

 

アメリカ発のジュエリーブランドで、相場はおよそ15万円程度。特に結婚指輪・婚約指輪にはハーモニーシリーズが人気です。

 

2. Cartier

 

「Cartier」も人気が高いブライダルリングのブランドのひとつ。フランス発の高級ジュエリーブランドで、ゴージャスなデザインが特徴的です。相場はおよそ25万円程度です。

 

イエローゴールド・ピンクゴールド・ホワイトゴールドと幅広く素材が揃っているので、お気に入りのリングを見つけられるでしょう。

 

3. HARRY WINSTON

 

セレブに人気が高いブランドといえば、「HARRY WINSTON」が挙げられるでしょう。相場はおよそ50万円程度で、世界を代表する高級ジュエリーブランドです。

 

他のブランドとは違う、ワンランク上のリングを探している方におすすめです。

 

4. I-PRIMO

 

ブライダルジュエリー専門である「I-PRIMO」。

 

アフターサービスや商品保証が手厚く、長く愛用できるところが魅力といえるでしょう。せっかくの高いお買い物ですから、できるだけ大切に愛用したいですよね。「I-PRIMO」はそれを叶えてくれるジュエリーブランドです。

 

5. 銀座ダイヤモンドシライシ

 

「銀座ダイヤモンドシライシ」は店名にも入っているくらい、ダイヤモンドへのこだわりがあるジュエリーブランド。日本初の婚約指輪・結婚指輪の専門店で、1万通り以上のリングの組み合わせがあるところが魅力です。

 

独自のダイヤモンド買い付けルートを持っており、最適な価格で素敵なリングを手に入れられます。

 

結婚指輪と婚約指輪は予算とつける場面を明確にして選ぼう

結婚指輪と婚約指輪は用途を明確にして選ぼう

結婚指輪と婚約指輪の選び方はカップルによってそれぞれです。「絶対にこうしなければいけない」という決まりは全くありません。必要ないからと購入しないカップルもいるので、二人で必要か不要かの話し合いからできるといいですね。

 

購入する場合は、出せる予算どんなときに着けたいかをしっかり考え、満足いくお買い物にしましょう。この2つを明確にすることで、自分たちに合った結婚指輪・婚約指輪選びができるはずですよ。